記事リスト

最低弁済額について

財布

利用出来る人とは

債務整理の手続きがいくつか種類がありますが、個人再生を選択した場合にどれほど借金を減らすことができるのか、それは住宅ローンを除くすべて借金の総額によって異なります。あくまで目安ですが、100万円〜500万円の借金は最低弁済額が100万円、500万円〜1500万円未満は借金額の5分の1、1500万円〜3000万円未満は300万円、3000万円〜5000万円は借金額の10分の1が最低弁済額となっています。つまり、住宅ローンを除く借金額が1000万円ある場合、個人再生をすることによって5分の1である200万円まで借金を減らすことができます。その200万円を原則3年以内に返せるように再生計画を立てていきます。任意整理と違って裁判所を介す手続きなので誰でも利用できる手続きではありませんが、それでも利用できる基準としてはそれほどハードルが高くはないです。一般的によく行われる手続きが小規模個人再生です。利用条件は、住宅ローンを除く債務額が5000万円以下の個人であり継続して収入を得る見込みがあることが条件となります。自己破産と異なり、職業制限がなく弁護士に依頼をすることで手続きを代行し債権者からの督促もストップさせることができます。ただし、個人再生を利用するには返済能力があることです。定職に就き3年以内に返済可能であることが条件です。無職である場合は利用が難しいです。住宅ローンは減額できないので、個別で住宅ローン会社に問い合わせて返済期間の延長などを相談するしかないです。

Copyright© 2018 個人再生で借金負担を減らす【手持ちの資産も手放さなくて済む】 All Rights Reserved.