記事リスト

借金の減額割合が大きい

説明

個人再生は。任意整理をするには借金減額があまり期待できない、自己破産だと借金帳消しになるメリットはありますが、住宅や車などを手放したくない、多くの財産を残したまま債務整理ができるのが個人再生の手続きです。

詳しく見る

最低弁済額について

財布

個人再生は借金額が最大で10分の1まで減額できる手続きです。個人再生を利用するには住宅ローンを除く債務金額が5000万円以下で、将来も継続的に収入の見込みがある、3年以内に借金を返済できる能力があることが条件となります。

詳しく見る

借金理由が関係なく手続き

貯金箱

個人再生は、自己破産と異なり借金をした理由が問われることなく手続きをすることができます。ただし、手続きは複雑で個人で行うには膨大な時間がかかりますので、法律の専門家である弁護士に依頼をしたほうがよいです。

詳しく見る

利用条件に付いて

電卓

個人再生を利用するには、条件があります。住宅ローンを除いた借金額が5000万円以下で、継続して収入の見込みがあることです。そのため、会社勤めの方だけでなくパートやアルバイトでも継続的に収入があれば利用できます。

詳しく見る

借金返済が厳しい

婦人

個人再生とは、債務整理の手続きのひとつで借金を最大10分の1まで減額、自己破産と異なり住宅などの財産は維持できる、職業制限がなく借金を減額できます。ただし、手続きも複雑で利用条件も厳格なので、弁護士のサポートが必要になります。

詳しく見る

住宅を失わない借金整理

男性と女性

借金の元本を減額する

借金の返済が苦しくなったとき、弁護士に相談する方のほとんどは任意整理という処理で対応をしています。任意整理とは、適用されればその時点から借金に利息が加算されなくなる手続きのことで、裁判所を通さず、弁護士が各債権者と交渉して進められます。利息返済だけで精一杯で元本が減らせない方は、裁判所に出向いての手続きも不要で、手持ちの資産も手放さなくて済むため、この手続きで対応をするケースがほとんどです。しかし、より大きな負債を抱えてしまい、利息軽減程度では対応ができなくなった場合は、借金の元本自体を減額する措置が必要になるケースもあります。このような場合にえらばらるのが個人再生です。個人再生が認められば、借金の80%を減額して残り20%を3〜5年で返済することになります。この減額幅と期間は条件によって変動する場合がありますが、現在の借金額は返せないまでも収入は継続しており、返済の意志もある場合に、減額した借金を3〜5年以内に返せるだけの実現可能性の高い計画を裁判所に提出できることが条件となります。個人再生を行うと、任意整理とは異なり、官報にその事実が記載されるというデメリットがあり、自分が個人再生したことは誰にでもわかるようになります。この点は自己破産も同じなのですが、自己破産と比べて最も大きく異なるのは、ローン支払い中の住宅を保有している場合でも、それを手放さずにすむメリットがあることといえるでしょう。もちろん、住宅所有が継続できるかどうかについても審査がありますが、条件さえクリアできれば借金の大幅な減額ができ、家族生活への影響を大幅に抑えることが可能なため、任意整理で対応できない場合はこの個人再生がもっとも有力な解決策になってきます。

Copyright© 2018 個人再生で借金負担を減らす【手持ちの資産も手放さなくて済む】 All Rights Reserved.